ひざ痛の現状

現在日本人の40歳以上の女性の60%(男性はその半分)は「ひざ痛」と言われており、病院に行くと『変形性ひざ関節症』と診断されます。
最近では通院でのリハビリを行う病院も少なくなってきており、初期は薬と湿布で「様子をみましょう」そして「ヒアルロン注射を毎週1回5回うちに来て下さい!」、「最終的には人工関節を入れましょう!」という流れが待っています。

最初は医師から「しっかり筋肉をつけましょう!」とは言われても、どうやってつけたらいいのか?家で一人運動するのはなかなか続かない!などという声が多く聞かれます。

ひざ痛の予防、改善のための選択肢は少なく、特に専門の運動プログラムを行うところが非常に少ないのが現実です。
そこでインシェイプはひざ専門の運動プログラムを各地で週1回の定期開催、地域での講習会、そして白浜の「ひざトレスタジオ」でマンツーマンによるレッスンなど提供しております。

ひざトレ

『ひざトレ』とはひざのためのトレーニングです。
そもそもひざ痛の原因は長年の仕事や家事、そしてスポーツなどを行なって来た結果、偏った身体の使い方、偏った筋肉のつき方をします。
すると徐々に関節にねじれやズレが発生し、応力の集中がおこります。それが徐々に『痛み』となって現れてくるといわれています。
現状の「ねじれ」や「ズレ」がある人がそのまま筋力強化をするとその状態がされに強化されてしまいます。まずは「ねじれ」や「ズレ」を解消するためのエクササイズを行ってから筋力アップをするのがひざトレです。

ひざトレ教室の参加者の中にはヒアルロン酸注射を打ったが「歩くのも痛くて生活にも支障をきたしていた」という方が、『痛みがなくなりウオーキングや軽い山登りも出来るようになった!』『ひざが楽になった!』という方が少なくありません。

ひざトレスタジオ

ひざトレスタジオは日本初のひざ専門のトレーニング施設です。
ひざに違和感を感じたり、痛みを感じる人はどこか特定の筋肉が強く緊張している場合があります。それが太ももであったり、ふくらはぎであったりお尻であったり様々です。そうなると歩く動作、ひざの曲げ伸ばしの動作も自分では気づかず左右非対称な動きをしている場合があります。

それらの原因を探りながら、筋肉を緩めたり、筋肉を伸ばしたり、筋肉を鍛えたりしながら出来るだけ真っ直ぐな動作が出来るように改善していきます。教室でも改善していく方はいますが、大勢ではなかなか出来ないことが多いので、月に1回程度でもひざトレスタジオに来て個別にメンテナンスを受けられることをおすすめしています。
ひざトレスタジオの詳細

ひざトレ教室のご案内

すさみ町
 ひざトレすさみ
 ひざトレ・イコラ
 ひざトレ江住
 イコラ・インシェイプ
白浜町
 ひざトレ白浜
 ひざトレ富田
 ひざトレ日置
田辺市
 ひざトレ田辺