イヌホウヅキ

イヌホウヅキ

撮影:2019年12月1日
場所:串本町

イヌホウヅキ(Wikipedia)

はまっすぐに立ち、よく分枝して、高さは30-60cm[3][2]になる。まばらに短いを生じるが、無毛のこともある。
花は白く、果実は未熟な場合には青く、小さいトマトのようである。熟すと直径0.7-1cm[3][2]の黒色の果実となり、光沢がない[2]
バカナスとも呼ばれ[2]ホオズキナスに似ているが役に立たないことから名付けられた[2]

前の記事

ハマダイコン

次の記事

オキザリス