Inshape Outdoor


Inshape(健康)を語るうえで大切なことの一つに『自然』とのふれ合いがあります。現在社会において新しいものがどんどん増え、逆に昔は当たり前だったことがどんどん減っています。自然とふれあうことも大きく減少してしまったことのひとつです。
地方の方は都会の人に比べると自然にふれあう機会が多いかもしれませんが、意外にも確実に減っているのです。特に外を「歩く」ことなどは都会の人に比べものにならないほど少なくなっており、自然とふれあう機会を逸しているのです。

気持ちが安らぐ時に働く副交感神経ですが、その癒し効果指数の研究結果からも「マッサージ」よりも自然とのふれあいの方が癒し効果が高いとされています。都会では公園を歩くだけでも癒し効果があるといわれますが、この紀南地方には世界遺産の「熊野古道」を始め地元の人も知らない昔のままの自然がたくさんあります。

インシェイプでは自然とふれあう機会を増やすための取り組みをしていきます。

プログラム

人の遠足・熊野古道・大辺路トレッキング
 熊野古道大辺路をつないで歩き、制覇しようというものです。すでに第2回までが行われましたが、夏の暑いシーズンは避けて9月から再開し、来年3月までに熊野那智大社、熊野速玉大社を目指します。毎回参加者を募りますのでご希望の方は是非お申込み下さい。
詳細

おすすめトレッキングコース

長井坂〜こごろその道
道の駅イノブータンランド〜長井坂を見老津方面に歩き、国道に出て周参見方面に戻り黒島トンネルを海側に迂回する旧道を通ってスタート地点に戻る周回コースです。熊野古道から見下ろす沖の黒島と、眼下に見渡す沖の黒島・陸の黒島の絶景を楽しめるコースです。